環境への取り組み

四之宮地区環境方針

基本理念

コマツ四之宮地区事業体は、コマツ地球環境基本方針の理念を尊重し、先進の技術をもって環境保全に取り組み、製品のハイブリッド化によるCO2の削減や電子機器・半導体製造関連機器等の生産を通して豊かな自然と調和出来る製品やサービスを社会に提供するとともに、事業体の立地する環境を考慮し、地域及び地球環境の確保に貢献することを基本理念とし、資源保護と環境保全に配慮した事業活動を行います。

環境方針

  1. 環境側面に関する法律、規制及び関連する協定を遵守し、汚染の予防と使用するエネルギー及び排出する温室効果ガスの削減に努めます。
  2. LCA(Life Cycle Assessment)を考慮した、環境にやさしい製品を提供するよう努めます。
  3. 資源の有効活用を図るため、産業廃棄物の発生を低減させ、リサイクル化に努め、ゼロエミッションの継続に努めます。
  4. 環境を改善するための目的・目標の設定及び見直しを実施し、継続的な改善活動を実施します。
  5. 事業体の美化を進めるとともに、地域住民との融和と協調のとれた企業活動に努めます。
  6. 生物多様性に寄与する環境活動に取り組んでいきます。

環境方針は当事業体内で働く全社員及び常駐の業務委託者に周知します。

2016年4月1日

事業活動における環境負荷低減

CO2削減

KELKは、ペルチェ素子を使った電子冷熱ヒータを使用した熱交換器で、最も効率的な無駄の無い温度調節製品を提供いたします。

環境方針

KELKは「フロンレス温調」をモットーに1966年に設立されました。長年培ってきた電子冷熱技術を基に、フロンを使用した温調製品の撤廃に全力を尽くします。